31歳ですが、顔のくすみで悩んでいます。

20代後半から、顔のくすみに悩んでいます。私は10代の間ずっと運動部に所属しており、その間ほとんど日焼け止めを塗らずにいました。

 

真っ黒になった方が練習をしっかりしたという感じがしたからです。

 

10代の間は日焼けをしても冬になれば、また白い肌に戻っていました。

 

しかし、20代後半になってからはちょっとした日焼けでもすぐにシミになりました。

 

それに加えて、10代の頃に日焼け跡がシミやくすみになってきたのです。

 

くすみがあると、ファンデーションをいくら重ねてもどこかぼんやりとした仕上がりになります。

 

くすみの原因として、紫外線による日焼けのほかにも老廃物が溜まっていることが挙げられると見たので、週に一回は角質もしっかり落とすことにしました。

 

古い角質を取り除いていくことで、以前よりも少しくすみがなくなり、ワントーン明るいお肌になりました。

 

顔のくすみがあると、女性の場合老け顔に見られますので若いうちから適切なケアをしておいた方がいいと思います。

くすみのない肌には洗顔とクレンジング

くすみのないお肌を維持するためには、日々の洗顔が何よりも大切です。

 

スキンクリアクレンズシリーズは、くすみの原因となる肌ステインを綺麗に除去してくれますので、毎日続けることでくすみのないお肌に近づくことができます。

 

女性の場合、洗顔は化粧をしっかり落とすことができているかが大きなポイントになります。

 

スキンクリアクレンズはウォータープルーフタイプの化粧品でもしっかりと奥底から落とすことができますので、その点安心です。

 

メイクと一緒に、くすみの原因になる肌ステインも洗ってくれますので一石二鳥です。

 

オイルクレンジングはべとべとしそうというイメージがある方も多いと思います。

 

しかし、化粧をしっかり落とすにはオイルクレンジングは欠かせない存在です。

 

化粧水や乳液・美容液などの基礎化粧品と並ぶくらい、洗顔は大切なポイントになります。

 

年齢を重ねていくとなおさらです。

 

年齢に応じた丁寧なケアが若々しい肌を維持するのには欠かせません。